2019年06月26日

国連人権高等弁務官事務所(OHCHR)御中 男女、双方の合意でセックスレスは認められないのですか?

国連人権高等弁務官事務所(OHCHR)御中


2019-06-26:拝啓、入管は結婚の真偽をセックス行為の事実に求めています。
日本の基準では「セックスレスの結婚」認められないのです。
男女、双方の合意でセックスレスは認められないのですか?


下記サイトで、「出入国管理及び難民認定法」
(Immigration Control and Refugee Recognition Act)の最新の全文を確認できます。
(日本語および英文)
http://www.japaneselawtranslation.go.jp/law/detail_main?id=173&vm=4


第1部。「日本人の配偶者ビザ」を申請した外国人女性は、入管より呼び出しをうけます。
彼女は「配偶者ビザ」を「貰える」と思って入管に行きます。
入管の職員は彼女に言います「あなたは偽装結婚ですよね」。
そして彼女は別室へ連れて行かれます。
その後、彼女は入管の施設へ収容されます。
そして彼女は飛行機に乗せられます。
セックスだけが結婚の条件でしょうか?

衝撃のニュース記事。読売新聞記事。
(読売新聞等2015年2月20日付朝刊で)によりますと、
フィリピン大使館の外交官や職員が被害にあっています。
私の場合と全く同様だったんで驚きました。
私の判決を判例としているのでしょうが、
日本は非常に危険な「司法状態」であることを認識したのです。

記事の内容は、大使館職員がフィリッピン人を
「家事の使用人」としてを雇用すると偽ってフィリッピン人に
(内容が虚偽)の「雇用の契約書類」を渡した。
フィリッピン人は入管に申請して「特定活動」の「在留資格」を取得した。
フィリッピン人は「家事の使用人」として働かずに都内の「造園会社」で働いた。
それでフィリッピン人3人を入管法違反(資格外活動)の罪とした。
警察は大使館職員を「刑法」62条「他の犯罪を支援した罪」で2014年6月に逮捕した。
大使館職員の犯罪の理由は彼らがフィリッピン人に入管法22-4-(4)条に記載する
「虚偽の雇用の契約書類」交付た事実です。
http://www.japaneselawtranslation.go.jp/law/detail_main?id=173&vm=4
をご覧ください。
これは犯罪ではありません。

フィリッピン大使館の職員は「労働の刑」だった。
しかし( suspended sentence)で「強制送還」された。
入管法22-4-(4)条「虚偽の書類を提出した者は在留資格を取り消す」です。
フィリッピン人は入管法22-4-(4)条違反で法務大臣より「在留資格」の取消を受けていません。
「法の論理」がクレイジーです。
取消をうけていれば大使館の職員も「在留資格」の取消
いずれにしても、「フィリッピン大使館の職員」は「無罪」です。

明日に続きます。

第2部。私は、2つのことを「訴えて」います。
これは日本政府による「国際的」な「人権侵害」です。
事件から10年近くになります。私の命には限りがあります。
私たちの「honorの回復と賠償」が行われるように、皆様のご支援をお願いします。
世界が「法の下で統治」を無視するならテロで解決するのは当然です。しかし、クレイジーです。

1.外国人が「在留の資格」以外の「違法な労働」を行った。しかし外国人は無罪です。
外国人だけが入管法70条「違法な労働の罪」で処罰されました。
これに対して入管法は不法な労働の「因果関係」である雇用者を入管法73-2条
(不法な就労を助長した罪)で処罰しています。

しかし、日本の司法は外国人のみを「処罰」しましたが、「雇用者」を「処罰」していません。
これは明らかに「法の下での平等の原則」に反します
そして「恣意的」に外国人だけを「処罰」することを禁じた国際法に違反しています。

違法に外国人を雇用した雇用者が「無罪」であるならば、違法に働かされた外国人も「無罪」です。
そうであれば、入管法70条に対する「刑法の他の犯罪を支援した者」は誰もいません。
「私、KinGungaku、フィリッピン国の外交官、フィリッピン大使館職員」は無罪です。

2.検察が「入管法22-4-4条の支援」を理由として、
入管法70条に対して刑法の60条および62条の
「他の犯罪を支援する罪」を「適用」することは「クレイジー」です。
これは法の論理が狂っている。

外国人が入管法22-4-4条
(虚偽の書類を提出することによるstatus of residenceの取得)に規定する行為を行った。
しかし、これに対する「刑事処罰」はありません。
処分は、法務大臣による「status of residenceの取り消し」と「国外への強制退去」です。
したがって「刑法の60条および62条の「他の犯罪を支援する罪」は適用できません。
「起訴状」が指摘する入管法22-4-4条の「犯罪の理由」は入管法70条とは因果関係がない。
まったく、法の論理が狂っている。

日本政府は「告訴」を「crush」ています。
しかし国家権力による「crush」は「Statute of limitations」の「停止」です。

資料は下記にあります。
http://www.miraico.jp/Bridgetohumanrights/ 

被害者は世界にたくさんいます。

敬具。Yasuhiro Nagano


OHCHRへお願い ******

この犯罪は、北朝鮮による日本人拉致以上の深刻な犯罪です。
私は、不法に、犯罪者として、長期間の逮捕監禁、懲役刑ですべてを無くしました!
被害者は世界中にたくさんいます。
日本政府の関係者の人権侵害にも関心をもって調査をして勧告してください!
それが、OHCHRの使命です!


Thu, 21 Feb 2019、
下記メールを受信しております。
You have written to the Petitions Section of the United Nations Office of the High Commissioner for Human Rights. We hereby acknowledge receipt of your message

「OHCHR」は、この問題を「完全」に「緊急」に「解決」して、ください。
中国人を含む私たちの「人権被害」は2010年に発生しました。
私は「懲役刑」を受けました。
「刑」の終了後、私は被害者の「名誉の回復」と「賠償」を訴えて、います。

日本は「個人通報制度」を「批准」していません。
したがって「OHCHR」は「自主的」に、この問題に「対応」をしてください。

「OHCHR」が何もしないので、2014年ー2015年には、フィリッピン大使館職員や外交官までが、不法に逮捕・拘禁を受けた。
外交官は逮捕前にフィリッピンへ逃げました。
この事件は2010年の私たちの事件と全く同じです。
こうした事件は日常的に発生しています。

以下は大量の被害者がいます。
正規の「ビザ」で在留して、「不法な労働」をした外国人の被害者です。
外国人は「入管法70条の「資格外の不法な労働の罪」で「罰金刑」を受けて「国外退去」になっています。
不法に外国人を雇用した「雇用者」は「入管法72-2条」で「処罰」を受けずに「無罪」です。
外国人に対する「恣意的」な処罰ですので国際法違反です。

さらに、日本政府は「技能の実習生」としてで外国人を大量に受け入れています。
「技能の実習生」はこの制度は「奴隷制度」だと言っています。(外国人記者クラブにて)。
彼らは「実習」から「逃亡」して「不法な労働」をします。
私は「実習生」が「逃亡する理由」を、今まで書いてきました。

日本政府は、今年の4月から30万人の「単純労働者」を受け入れします。
「技能の実習生」と同じ状況が発生します。
外国人の被害者は、莫大な数になります。
日本政府は弱い立場の外国人を奴隷として扱っています。これは事実です。
「OHCHR」をもって緊急に対応をすべきです。
あなた方は「人権問題を解消する専門家」です。
「OHCHR」は、この問題を「犯罪事件」として「ICC」へ「通報」すべきです。


私の情報 ******

下記のプログにて公開しております。
http://ao-tori.seesaa.net/



名前 YasuhiroNagano長野恭博
携帯電話



助けてください。
不明な点はお問い合わせください。
enzai_mirai@yahoo.co.jp

************************



#MeToo Human rights victim!


To the Office of the United Nations High Commissioner for Human Rights(OHCHR)


2019-06-26:Dear Sirs, Immigration seeks the authenticity of marriage to the fact of sex acts.
"Sexless marriage" is not recognized by Japanese standards.
Men and women, are you not allowed sexless by mutual agreement?

You can check the latest full text of the Immigration Control
and Refugee Recognition Act at the following site:
(Japanese and English)
http://www.japaneselawtranslation.go.jp/law/detail_main?id=173&vm=4


Part 1. Foreign women who have applied
for a "Japanese spouse visa" will receive a call from immigration.
She goes to immigration, thinking that she will "give me" for her spouse visa.
Immigration officials say to her "You are a fake marriage."
And she is taken to another room.
She is then taken to the Immigration Facility.
And she gets on the plane.
Is sex the only condition of marriage?

Shock news articles. Yomiuri Shimbun articles.
According to (Yomiuri Shimbun, etc. in the morning of February 20, 2015),
diplomats and officials of the Philippine embassy have been damaged.
I was surprised that it was exactly the same as my case.
It is probably based on my judgment,
but I recognized that Japan is a very dangerous "judicial state".

The content of the article was
that the embassy staff employed the Filipinos as "housekeepers of the housework"
and handed out the "employment contract documents" (the content is false) to the Filipinos.
The Philippine people applied for immigration
and acquired the "Resident Status" of "Specific Activities".
The Filipinos did not work as "housekeepers" but worked
in the "land gardening company" in Tokyo.
So, three Filipinos were accused of immigration law violation (non-qualification activity).
The police arrested embassy officials
in June 2014 for "criminal law" Article 62 "crime for supporting other crimes".
The reason for the embassy staff's crimes is the fact that they issued
the "contract documents for false employment" described
in Article 22-4- (4) of the Immigration Act to the Philippines.
http://www.japaneselawtranslation.go.jp/law/detail_main?id=173&vm=4
please look at.
This is not a crime.


Officials at the Philippine embassy were "labor's punishment".
However, it was "deported" at (suspended sentence).
Immigration Control Act Article 22-4- (4) "A person
who submits false documents cancels the status of residence".
The Philippines have not received the cancellation of the status of residence
from the Minister of Justice for violating Article 22-4- (4) of the Immigration Control Act.
"The logic of law" is crazy.
If the cancellation has been received,
the embassy staff will also cancel the status of residence
In any case, "Philippine embassy staff" is "innocent."

I will continue tomorrow.

Part 2. I "suing" two things.
This is an "international" human rights abuse committed by the Japanese government.
It will be nearly 10 years from the incident. My life is limited.
We ask for your support so that our "Honor Recovery and Reparations" will take place.
If the world ignores "rule under the law",
it is natural to settle it by terrorism. But it's crazy.

1. Foreigners carried out "illegal labor" other than "qualification of residence".
But foreigners are not guilty.
Only foreigners were punished for immigration control law Article 70 "illegal labor crimes".
On the other hand, the Immigration Control Law punishes employers
who are "causal relationships" of unlawful labor
with Article 73-2 of the Immigration Control Act (a crime that promotes unlawful work).

However, Japan's judiciary "punished" only foreigners, but did not "punish" "employers".
This is clearly against the "rule of equality under the law"
And it violates international law that prohibits "punishing" only foreigners "arbitrarily".

If an employer who has illegally employed foreigners is "innocent",
then illegally worked foreigners are also "innocent."
If so, there is no "one who has assisted other crimes
in criminal law" against Article 70 of the Immigration Control Act.
"I, KinGungaku, a diplomat from the Philippines,
and a Philippine embassy official" are not guilty.

2. Prosecutors "apply" "the crime to support other crimes" of Article 60
and Article 62 of the Penal Code against Article 70 of the Immigration Act
on the basis of "support of Article 22-4-4 of the Immigration Act" It's crazy.
This is the logic of the law is wrong.

Foreigners have acted as stipulated in Article 22-4-4
(Acquisition of status of residence by filing false documents).
However, there is no "criminal punishment" for this.
The dispositions are "cancellation of status of residence"
and "deportation abroad" by the Minister of Justice.
Therefore, "Criminal Code Article 60
and Article 62" Sins to support other crimes "can not be applied.
The "crime reasons" of the Immigration Control Act 22-4-4 pointed out
by the "indictment" do not have a causal relationship
with the Immigration Control Act 70.
Indeed, the logic of the law is wrong.

The Japanese government is crushing "prosecution."
But "crush" by the state power is "stop" of "Statute of limitations".

The documents are below.
http://www.miraico.jp/Bridgetohumanrights/

There are many victims in the world.

Best regards. Yasuhiro Nagano


Request to OHCHR ** ****

This crime is a more serious crime than the abduction of Japanese by North Korea.
I illegally lost everything as a criminal, long-term arrest detention and imprisonment!
There are many victims all over the world.
Please investigate and recommend with concern for violation of human rights of stakeholders of the Japanese government!
That is the mission of OHCHR!


Thu, 21 Feb 2019,
I received the following e-mail.
You have written to the Petitions Section of the United Nations Office of the High Commissioner for Human Rights. We hereby acknowledge receipt of your message

"OHCHR" "resolve" this problem to "complete" and "urgent", please.
Our "human rights damage" including the Chinese occurred in 2010.
I received "imprisonment punishment".
After the "punishment" has ended, I am complaining of the "recovery of honor" and "compensation" of the victim.

Japan has not "ratified" the "personal reporting system".
Therefore "OHCHR" to "voluntary", please "correspond" to this problem.

Since "OHCHR" does nothing, in 2014 - 2015, the Philippine Embassy officials and diplomats were illegally arrested and detained.
The diplomat ran to the Philippines before arrest.
This case is exactly the same as our case in 2010.
These incidents occur on a daily basis.

There are a large number of victims below.
It is a victim of a foreigner who stayed at a regular "visa" and did "illegal work".
Foreign nationals are "deported" after receiving "fine" in Article 70 of the Immigration Control Act "Crime of illegal labor outside the status of qualification".
"Employer" who illegally employed a foreigner is "not acquitted" without receiving "punishment" in "Immigration Act 72-2".
Because it is "arbitrary" punishment for foreigners, it is a violation of international law.

Furthermore, the Japanese government accepts a large number of foreigners as a "trainee of skills".
"Trainees of skills" says that this system is "slavery system." (At a foreign journalist club).
They escape from "practice" and do "illegal work".
I wrote about "reasons for escape" for "trainee" so far.

The Japanese government will accept 300,000 "simple workers" from April this year.
The same situation occurs as "Trainee of skill".
The number of foreign victims will be enormous.
The Japanese government treats vulnerable foreigners as slaves. This is a fact.
We should respond in an urgent manner with "OHCHR".
You are an "expert to resolve human rights problems".
"OHCHR" should "report" this problem as "criminal case" to "ICC".


My information ** ****

We are publishing at the following program.
http://ao-tori.seesaa.net/



Name Yasuhiro Nagano Yasuhiro Nagano




Help me.
Please contact us if you have any questions.
enzai_mirai@yahoo.co.jp


**********************
posted by 青い鳥 at 06:35| 東京 ☁| Comment(0) | 国連・ICC・大使館・メディア | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2019年06月25日のつぶやき


















































































































































posted by 青い鳥 at 00:01| 東京 ☁| Comment(0) | 事件・社会・国際 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2019年06月25日

貴女がこれを「拡散」してくれると私は強くなれる。この犯罪は、北朝鮮による日本人拉致以上の深刻な犯罪です。

国連人権高等弁務官事務所(OHCHR)御中


2019-06-25:拝啓、偽装結婚が相変わらず増えています。
偽装結婚と女子留学生のほとんどは「Sex industry」での就労です。
政治家は暗黙の了解で彼女らの違法行為を認めています。
いつの時代も彼等には「comfort woman」が必要なようです。


下記サイトで、「出入国管理及び難民認定法」
(Immigration Control and Refugee Recognition Act)の最新の全文を確認できます。
(日本語および英文)
http://www.japaneselawtranslation.go.jp/law/detail_main?id=173&vm=4


第1部。日本人の配偶者ビザは、万能ビザのように言われています。
本当の日本人配偶者であれば妻が「Sex industry」で働くことに日本人の夫は反対のはずです。
「働けないように規制」しても大きな「人権問題」にはならないと思います。
そうであれば、入管法で「在留資格」が「日本人の配偶者」と「留学」には、
「Sex industry」での就労を禁止する「法律」設定するべきです。

「彼女ら」は、「高収入の Sex industry」で働けなければ
偽装結婚をしてまで日本に在住する意味がないので「彼女ら」はほとんどなくなります。

偽装結婚の「真偽確認」のために「シーツ」」についた「精液」まで検査すること、
のほうが、大きな人権侵害です。

もともと結婚の定義が明確に決められないのです。
裁判で離婚の理由になるは「結婚の状態」ではない場合です。
「False Entries in the Original of Notarized Deeds」が
「Prescription」になり司法が「処罰」できなくなると入管法での扱いです。
「日本人の配偶者」から「永住」への「ビザ」の切り替え時期は注意が必要になるのです。
ここでも入管法22-4-4条「在留資格の取消」を使います。
「嘘偽の書類」を堤出したとして「国外退去」にするのです。
そのために「事実の調査」を行うのです。
「結婚の状態」ではないのに「不実を記載した戸籍謄本」を堤出した理由です。
入管法22-4-4条の「嘘偽の書類」が「不実の書類」になった理由だと思います。

明日に続きます。


第2部。私は、2つのことを「訴えて」います。
これは日本政府による「国際的」な「人権侵害」です。
事件から10年近くになります。私の命には限りがあります。
私たちの「honorの回復と賠償」が行われるように、皆様のご支援をお願いします。
世界が「法の下で統治」を無視するならテロで解決するのは当然です。
しかし、クレイジーです。

1.外国人が「在留の資格」以外の「違法な労働」を行った。しかし外国人は無罪です。
外国人だけが入管法70条「違法な労働の罪」で処罰されました。
これに対して入管法は不法な労働の「因果関係」である雇用者を入管法73-2条
(不法な就労を助長した罪)で処罰しています。

しかし、日本の司法は外国人のみを「処罰」しましたが、「雇用者」を「処罰」していません。
これは明らかに「法の下での平等の原則」に反します
そして「恣意的」に外国人だけを「処罰」することを禁じた国際法に違反しています。

違法に外国人を雇用した雇用者が「無罪」であるならば、違法に働かされた外国人も「無罪」です。
そうであれば、入管法70条に対する「刑法の他の犯罪を支援した者」は誰もいません。
「私、KinGungaku、フィリッピン国の外交官、フィリッピン大使館職員」は無罪です。

2.検察が「入管法22-4-4条の支援」を理由として、
入管法70条に対して刑法の60条および62条の
「他の犯罪を支援する罪」を「適用」することは「クレイジー」です。
これは法の論理が狂っている。

外国人が入管法22-4-4条
(虚偽の書類を提出することによるstatus of residenceの取得)に規定する行為を行った。
しかし、これに対する「刑事処罰」はありません。
処分は、法務大臣による「status of residenceの取り消し」と「国外への強制退去」です。
したがって「刑法の60条および62条の「他の犯罪を支援する罪」は適用できません。
「起訴状」が指摘する入管法22-4-4条の「犯罪の理由」は入管法70条とは因果関係がない。
まったく、法の論理が狂っている。

日本政府は「告訴」を「crush」ています。
しかし国家権力による「crush」は「Statute of limitations」の「停止」です。

資料は下記にあります。
http://www.miraico.jp/Bridgetohumanrights/ 

被害者は世界にたくさんいます。

敬具。Yasuhiro Nagano


OHCHRへお願い ******

この犯罪は、北朝鮮による日本人拉致以上の深刻な犯罪です。
私は、不法に、犯罪者として、長期間の逮捕監禁、懲役刑ですべてを無くしました!
被害者は世界中にたくさんいます。
日本政府の関係者の人権侵害にも関心をもって調査をして勧告してください!
それが、OHCHRの使命です!


Thu, 21 Feb 2019、
下記メールを受信しております。
You have written to the Petitions Section of the United Nations Office of the High Commissioner for Human Rights. We hereby acknowledge receipt of your message

「OHCHR」は、この問題を「完全」に「緊急」に「解決」して、ください。
中国人を含む私たちの「人権被害」は2010年に発生しました。
私は「懲役刑」を受けました。
「刑」の終了後、私は被害者の「名誉の回復」と「賠償」を訴えて、います。

日本は「個人通報制度」を「批准」していません。
したがって「OHCHR」は「自主的」に、この問題に「対応」をしてください。

「OHCHR」が何もしないので、2014年ー2015年には、フィリッピン大使館職員や外交官までが、不法に逮捕・拘禁を受けた。
外交官は逮捕前にフィリッピンへ逃げました。
この事件は2010年の私たちの事件と全く同じです。
こうした事件は日常的に発生しています。

以下は大量の被害者がいます。
正規の「ビザ」で在留して、「不法な労働」をした外国人の被害者です。
外国人は「入管法70条の「資格外の不法な労働の罪」で「罰金刑」を受けて「国外退去」になっています。
不法に外国人を雇用した「雇用者」は「入管法72-2条」で「処罰」を受けずに「無罪」です。
外国人に対する「恣意的」な処罰ですので国際法違反です。

さらに、日本政府は「技能の実習生」としてで外国人を大量に受け入れています。
「技能の実習生」はこの制度は「奴隷制度」だと言っています。(外国人記者クラブにて)。
彼らは「実習」から「逃亡」して「不法な労働」をします。
私は「実習生」が「逃亡する理由」を、今まで書いてきました。

日本政府は、今年の4月から30万人の「単純労働者」を受け入れします。
「技能の実習生」と同じ状況が発生します。
外国人の被害者は、莫大な数になります。
日本政府は弱い立場の外国人を奴隷として扱っています。これは事実です。
「OHCHR」をもって緊急に対応をすべきです。
あなた方は「人権問題を解消する専門家」です。
「OHCHR」は、この問題を「犯罪事件」として「ICC」へ「通報」すべきです。


私の情報 ******

下記のプログにて公開しております。
http://ao-tori.seesaa.net/



名前 YasuhiroNagano長野恭博
携帯電話



助けてください。
不明な点はお問い合わせください。
enzai_mirai@yahoo.co.jp

************************



#MeToo Human rights victim!


To the Office of the United Nations High Commissioner for Human Rights(OHCHR)


2019-06-25:Dear Sirs, Imitation marriage is increasing as ever.
Most of the fake marriage and female exchange students are working in "Sex industry".
The politicians admit their illegal conduct with tacit consent.
They seem to need a comfort woman for any era.

You can check the latest full text of the Immigration Control
and Refugee Recognition Act at the following site:
(Japanese and English)
http://www.japaneselawtranslation.go.jp/law/detail_main?id=173&vm=4


Part 1. Japanese spouse visas are said to be universal visas.
If it is a true Japanese spouse,
the Japanese husband should be against his wife working in "Sex industry".
I think that "regulating not to work" will not be a big "human rights issue".
If so, the Immigration Control Act should set the status
of residence to “Japanese spouse”
and “Study Abroad” as “law” that prohibits working in “Sex industry”.

If they can not work in "high income Sex Industry",
they do not have any meaning to live in Japan until they make a fake marriage,
so they almost disappear.

It is a big human rights violation
that it is a bigger human rights violation to inspect even "semen" attached to "sheets"
for "authentic verification" of camouflage marriage.

Originally, the definition of marriage can not be decided clearly.
The reason for divorce in a trial is when it is not "the state of marriage."
If "False Entries in the Original of Notarized Deeds" becomes "Prescription"
and the judiciary can not "punish",
it will be treated under the Immigration Act.
Be careful when switching visas from “Japanese spouse” to “permanent residence”.
Here too, we use the Immigration Act Article 22-4-4 "Cancellation of Status of Residence".
If you submit a "fake false document", it will be "deported".
In order to do that, we conduct a "fact investigation".
This is the reason why we submitted "Family Register,
which describes misrepresentation" even though it is not "the state of marriage."
I think that it is the reason that "the false false documents"
of Article 22-4-4 of Immigration Act became "incorrect documents".

I will continue tomorrow.

Part 2. I "suing" two things.
This is an "international" human rights abuse committed by the Japanese government.
It will be nearly 10 years from the incident. My life is limited.
We ask for your support so that our "Honor Recovery and Reparations" will take place.
If the world ignores "rule under the law", it is natural to settle it by terrorism.
But it's crazy.

1. Foreigners carried out "illegal labor" other than "qualification of residence".
But foreigners are not guilty.
Only foreigners were punished for immigration control law Article 70 "illegal labor crimes".
On the other hand, the Immigration Control Law punishes employers
who are "causal relationships" of unlawful labor
with Article 73-2 of the Immigration Control Act (a crime that promotes unlawful work).

However, Japan's judiciary "punished" only foreigners,
but did not "punish" "employers".
This is clearly against the "rule of equality under the law"
And it violates international law that prohibits "punishing" only foreigners "arbitrarily".

If an employer who has illegally employed foreigners is "innocent",
then illegally worked foreigners are also "innocent."
If so, there is no "one who has assisted other crimes in criminal law"
against Article 70 of the Immigration Control Act.
"I, KinGungaku, a diplomat from the Philippines,
and a Philippine embassy official" are not guilty.

2. Prosecutors "apply" "the crime to support other crimes" of Article 60
and Article 62 of the Penal Code against Article 70 of the Immigration Act
on the basis of "support of Article 22-4-4 of the Immigration Act" It's crazy.
This is the logic of the law is wrong.

Foreigners have acted as stipulated in Article 22-4-4
(Acquisition of status of residence by filing false documents).
However, there is no "criminal punishment" for this.
The dispositions are "cancellation of status of residence"
and "deportation abroad" by the Minister of Justice.
Therefore, "Criminal Code Article 60
and Article 62" Sins to support other crimes "can not be applied.
The "crime reasons" of the Immigration Control Act 22-4-4 pointed out
by the "indictment" do not have a causal relationship
with the Immigration Control Act 70.
Indeed, the logic of the law is wrong.

The Japanese government is crushing "prosecution."
But "crush" by the state power is "stop" of "Statute of limitations".

The documents are below.
http://www.miraico.jp/Bridgetohumanrights/

There are many victims in the world.

Best regards. Yasuhiro Nagano


Request to OHCHR ** ****

This crime is a more serious crime than the abduction of Japanese by North Korea.
I illegally lost everything as a criminal, long-term arrest detention and imprisonment!
There are many victims all over the world.
Please investigate and recommend with concern for violation of human rights of stakeholders of the Japanese government!
That is the mission of OHCHR!


Thu, 21 Feb 2019,
I received the following e-mail.
You have written to the Petitions Section of the United Nations Office of the High Commissioner for Human Rights. We hereby acknowledge receipt of your message

"OHCHR" "resolve" this problem to "complete" and "urgent", please.
Our "human rights damage" including the Chinese occurred in 2010.
I received "imprisonment punishment".
After the "punishment" has ended, I am complaining of the "recovery of honor" and "compensation" of the victim.

Japan has not "ratified" the "personal reporting system".
Therefore "OHCHR" to "voluntary", please "correspond" to this problem.

Since "OHCHR" does nothing, in 2014 - 2015, the Philippine Embassy officials and diplomats were illegally arrested and detained.
The diplomat ran to the Philippines before arrest.
This case is exactly the same as our case in 2010.
These incidents occur on a daily basis.

There are a large number of victims below.
It is a victim of a foreigner who stayed at a regular "visa" and did "illegal work".
Foreign nationals are "deported" after receiving "fine" in Article 70 of the Immigration Control Act "Crime of illegal labor outside the status of qualification".
"Employer" who illegally employed a foreigner is "not acquitted" without receiving "punishment" in "Immigration Act 72-2".
Because it is "arbitrary" punishment for foreigners, it is a violation of international law.

Furthermore, the Japanese government accepts a large number of foreigners as a "trainee of skills".
"Trainees of skills" says that this system is "slavery system." (At a foreign journalist club).
They escape from "practice" and do "illegal work".
I wrote about "reasons for escape" for "trainee" so far.

The Japanese government will accept 300,000 "simple workers" from April this year.
The same situation occurs as "Trainee of skill".
The number of foreign victims will be enormous.
The Japanese government treats vulnerable foreigners as slaves. This is a fact.
We should respond in an urgent manner with "OHCHR".
You are an "expert to resolve human rights problems".
"OHCHR" should "report" this problem as "criminal case" to "ICC".


My information ** ****

We are publishing at the following program.
http://ao-tori.seesaa.net/



Name Yasuhiro Nagano Yasuhiro Nagano




Help me.
Please contact us if you have any questions.
enzai_mirai@yahoo.co.jp


**********************
posted by 青い鳥 at 06:57| 東京 ☁| Comment(0) | 政治・経済・国際 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

【青い鳥 日韓議連に参加している議員を落選させよう。!】 遂にアメリカが「瀬取り」を本格追及!日韓合同総会で、関係に大きな変化が?

【青い鳥 日韓議連に参加している議員を落選させよう。!】
遂にアメリカが「瀬取り」を本格追及!日韓合同総会で、関係に大きな変化が?




日本が利用されるだけの日韓議連は解散すべき。
韓国、大丈夫?もう蝙蝠出来ないぞ!米国側なら中国の新設半導体工場は諦めだな!
対中輸出も激減!大丈夫?鳩山は帰化議員リストに何故か載っている母親が違うのか?
鳩山、なんとかしてもらいたい! 日本を下げて歩き回って不愉快極まりない。
頭がおかしい人がシュショーをしていたなんて、日本もまだまだ自己反省が足りん!

シェア元タイトル
遂にアメリカが「瀬取り」を本格追及!日韓合同総会で、関係に大きな変化が?
シェア画像動画URL
https://youtu.be/94ctFh2ycn4
シェアURL
埋め込みリンク


↑↑↑↑↑↑↑↑↑↑↑↑↑↑↑↑↑↑↑↑↑↑↑↑↑↑↑↑↑↑↑↑↑↑↑↑↑↑↑
自衛隊法を改正し、憲法25条の生存権を根拠に専守防衛の自衛隊を規定しよう!憲法を改正しなくとも自衛のためであれば核ミサイルも持てます。攻撃の予兆があれば先制攻撃もできます。憲法改正は米国と戦争をするためです。欧米諸国は日本の憲法改正に「NO」を言うべきです。占領された竹島の奪い返すことは現行憲法で可能です。現行憲法で「自衛権」をフルに使うべきです。

私は戦後、連合軍(アメリカ)の下で、自由、民主主義、人権の尊重そして国際法を遵守する、
新しい日本人として育ちました。
私の守るべき基盤(保守)は、天皇制、日米安保条約、専守防衛の自衛隊であり、日本国憲法です。

憲法第99条:天皇又は摂政及び国務大臣、国会議員、裁判官その他の公務員は、この憲法を尊重し擁護する義務を負ふ。

★2019年6月21日は 夏至 (げし)、北半球では、太陽が最も高く昇り、1年で最も昼が長い日です。ただ、日本では梅雨のシーズンでもあるので、日照時間が短く、あまり日の長さを実感できないかもしれません。暦の上では夏の折り返し地点にあたり、夏至を過ぎると暑さが増して本格的な夏がやってきます。
★今日のホワイトハウスの写真です。
https://www.whitehouse.gov/wp-content/uploads/2019/05/POTD-May-15-1200x800.jpg
※日本を法の下で統治する国にするためにホワイトハウスに毎日メールしています。
http://www.miraico.jp/Bridgetohumanrights/
★<注目>安倍政権の親共産主義政策を潰せ!トランプ政権は共産党と戦争をしています。米政府は「米国・メキシコ・カナダ協定(USMCA)」の中に、中国を「封じ込める」ための「中国条項」を「設定」しています。「日米物品貿易協定(TAG)」交渉や、「米・欧州連合(EU)自由貿易協定(FTA)」交渉でも同じです。「中国条項」はUSMCAの参加国、例えばカナダが中国とFTAを「締結」すれば、3カ国のUSMCAは即廃棄、になる。ロス米商務長官は「毒薬条項」だと指摘している。これは安倍政権にも通告済みです。安倍政権は中国と「東アジア地域包括的経済連携(RCEP)」を積極的に推進している。これはアメリカに対する反逆です。当然トランプ政権はNOです。中国と「対決」するために「貿易での有志国連合」を形成するとしている。「反中国」の「新冷戦」ではイラク戦争と同じように「貿易での有志国連合」を形成するということです。日本も自民党と決別して反共産党で新しい貿易体制を作りましょう。!!


posted by 青い鳥 at 05:39| 東京 ☁| Comment(0) | 政治・経済・国際 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

青い鳥 日韓通貨スワップは、千年後に検討しましょう。!】 韓国「今からでもスワップを復元しよう」 しつこいにも程があるだろ…

【青い鳥 日韓通貨スワップは、千年後に検討しましょう。!】
韓国「今からでもスワップを復元しよう」 しつこいにも程があるだろ…


文ちゃんの理法的国家が出来つつある。
米国に見放され、安倍ちゃん見放され、中国から貿易強要され
もう中国の下級労働者となり馬車馬の如く働くしかなくなった。理想的だ!
済まんそれは無理な話スワップより良いのがあります
中国のAIIBの方が文大統領様には良いはず
日本は関わりたく無いです❗

シェア元タイトル
韓国「今からでもスワップを復元しよう」 しつこいにも程があるだろ…
シェア画像動画URL
https://youtu.be/0O1pLNDngio
シェアURL
埋め込みリンク



↑↑↑↑↑↑↑↑↑↑↑↑↑↑↑↑↑↑↑↑↑↑↑↑↑↑↑↑↑↑↑↑↑↑↑↑↑↑↑
自衛隊法を改正し、憲法25条の生存権を根拠に専守防衛の自衛隊を規定しよう!憲法を改正しなくとも自衛のためであれば核ミサイルも持てます。攻撃の予兆があれば先制攻撃もできます。憲法改正は米国と戦争をするためです。欧米諸国は日本の憲法改正に「NO」を言うべきです。占領された竹島の奪い返すことは現行憲法で可能です。現行憲法で「自衛権」をフルに使うべきです。

私は戦後、連合軍(アメリカ)の下で、自由、民主主義、人権の尊重そして国際法を遵守する、
新しい日本人として育ちました。
私の守るべき基盤(保守)は、天皇制、日米安保条約、専守防衛の自衛隊であり、日本国憲法です。

憲法第99条:天皇又は摂政及び国務大臣、国会議員、裁判官その他の公務員は、この憲法を尊重し擁護する義務を負ふ。

★2019年6月21日は 夏至 (げし)、北半球では、太陽が最も高く昇り、1年で最も昼が長い日です。ただ、日本では梅雨のシーズンでもあるので、日照時間が短く、あまり日の長さを実感できないかもしれません。暦の上では夏の折り返し地点にあたり、夏至を過ぎると暑さが増して本格的な夏がやってきます。
★今日のホワイトハウスの写真です。
https://www.whitehouse.gov/wp-content/uploads/2019/05/POTD-May-15-1200x800.jpg
※日本を法の下で統治する国にするためにホワイトハウスに毎日メールしています。
http://www.miraico.jp/Bridgetohumanrights/
★<注目>安倍政権の親共産主義政策を潰せ!トランプ政権は共産党と戦争をしています。米政府は「米国・メキシコ・カナダ協定(USMCA)」の中に、中国を「封じ込める」ための「中国条項」を「設定」しています。「日米物品貿易協定(TAG)」交渉や、「米・欧州連合(EU)自由貿易協定(FTA)」交渉でも同じです。「中国条項」はUSMCAの参加国、例えばカナダが中国とFTAを「締結」すれば、3カ国のUSMCAは即廃棄、になる。ロス米商務長官は「毒薬条項」だと指摘している。これは安倍政権にも通告済みです。安倍政権は中国と「東アジア地域包括的経済連携(RCEP)」を積極的に推進している。これはアメリカに対する反逆です。当然トランプ政権はNOです。中国と「対決」するために「貿易での有志国連合」を形成するとしている。「反中国」の「新冷戦」ではイラク戦争と同じように「貿易での有志国連合」を形成するということです。日本も自民党と決別して反共産党で新しい貿易体制を作りましょう。!!
続きを読む
posted by 青い鳥 at 05:38| 東京 ☁| Comment(0) | 政治・経済・国際 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする